金光山浄福寺(峯之堂)

                                                                         寺所:滋賀県甲賀市甲南町深川1631

・令和6年2月21日 住職の話に「2月18日 観音講勤行後」をアップしました                  
・令和6年2月12日 初午祭を境内内にある国光稲荷神社にて斎行しました                 
・令和6年2月3日  節分星祭を斎行しました                                
・令和6年1月17日 伝統の「行い」を(深川区民の安全 五穀豊穣 無病息災延命)祈念して斎行しました
住職の話に「1月17日 観音講勤行後」アップしました
令和6年元旦 故出口住職の絵画(ケロンパ集団が日本の山々を訪ねる絵画を仏画ページにアップしました
・12月17日 住職の話に「12月17日 観音講勤行後」をアップしました
・12月7日   鰐口を新しくしました
・11月26日 深川文化祭に故出口住職の仏画の一部を展示しています(故出口住職の仏画ページを作成)

天台宗のお寺。寺伝によれば、788年に天台宗開祖の伝教大師(最澄)が延暦寺根本中堂を建てるため、用材を求めて深川の地に来られた時、色にがあり、霊地として開かれた寺が現在の金光山浄福寺で、地元深川区の祈願寺と存続しています。 ご本尊は33年に一度の本開帳や中開帳の時にしか拝見できない秘仏の十一面千手観音坐像で国指定重要文化財になっている。 

甲賀西国観音霊場第16番札所としてのご詠歌があります。

「里の名は うべも深川(ふかわ)の  

底までも それ金光を 照らすなるべし」

浄福寺のご本尊は、国指定重要文化財で坐像の寄木造りで、頭部、体部とも左右2材からなり像高は102.3cmで鎌倉時代初期の作であり全身に漆箔が施されています。三十三年に一度の本開帳や中開帳のときにしか尊像を 拝見できない秘仏、十一面千手観音坐像(国重文)があります。この十一面千手観音の坐像はあまり作例なく、国重文では二例にとどまります。 

年間行事

1月  1日 年始挨拶 17日 行い 25日 大般若

2月  3日 節分祭 初午祭(2月一午の日)

7月  17日 護摩法要

8月  10日 千日参り 17日 観音会式     

    21~24日 地蔵盆

12月  31日 除夜の鐘

毎月  第三日曜日(変更あり) 観音講

アクセス

最寄り駅  JR草津線 甲南駅

道順    甲南駅北口より徒歩10分(お寺は駅から斜め右方向に見えています)